植物の本来の力を引き出すデザイン

横浜市青葉区庭デザイン ガーデンコンサルタント 

街を歩いていて見つけた光景。
一重のシュウメイギクが群生して見事に咲いていました。
大きなポットに、勝手に生えているといった
感じでした。
誰かが大切に管理しているという感じでもなく、
勝手に広がって見事に咲いているようでした。
最初は誰かが、一つの苗を植えて
勝手に広がっていったのではないでしょうか。
このように、勝手にはびこった植物は強いです。
これは庭造りにおいても大切なポイントです。
こまめに手入れしていても、
植物に相応しい環境にあること。
これに勝ることはありません。

庭造りで大切なのは、何の植物が庭のどこの環境ならば、
勝手に元気に育ってくれて、
また、大きく成長してくれるかということを
知ることです。

シュウメイギクは地下茎で勝手に大きく
広がっていきます。
つまり、環境に合っていれば
ひとつの苗から、ニ、三年後には
大きく広がり、背丈も高くなってくれます。

庭造りは自然との協同作業です。
人間が頑張るだけでは上手くいきません。
庭が持つ力を発揮しやすいように
植物が持つ力を発揮しやすいように
何をどこに植えるか、
それを探るのは、庭造りの愉しみの
ひとつです。

庭デザイン 育てながらの庭造り
横浜市青葉区ガーデンコンサルタント oneseed

 

前の記事

暮らしを愉しむ

次の記事

大木に抱かれた感覚