大木に抱かれた感覚

横浜市青葉区庭デザイン ガーデンコンサルタント 

大きな木を見上げると
大らかな懐に抱かれたような
感覚になります。

実はこの写真の大木のモミジは、
樹高40センチ、
幅50センチほどの盆栽です。
下から見上げると、まるで大木の下に
いるかのような感覚に
包まれます。

小さいながらも
大木感を出すところが
盆栽のすごいところです。
長い年月、厳しい風雪に耐えてきた
ような形の大木に
仕立てます。

春、芽吹きして、秋は紅葉、
実がなったり、花が咲く盆栽もあります。

普通、虫が入ると駆除しますが、
虫が入って幹に穴が開いても
それを美として残すところは、
日本人独特の美意識なのではないでしょうか。
環境が良くなくても、風雪に耐え、
そこにあり続ける姿は、
自然災害が多い日本人にとっての
美意識なのでしょう。

庭の仕事で、盆栽の管理まで手が回らず、
今は休止してしまいましたが、
盆栽で学んだことは、実は庭の仕事をする上で、
とても役立っています。

盆栽は世界に誇る生きた芸術ですね。

育てながらの庭造り
横浜市青葉区ガーデンコンサルタント Oneseed

 

 

次の記事

つながる風景