つながる風景

横浜市青葉区庭デザイン ガーデンコンサルタント 

晩秋で、葉を落としたサルスベリ。
葉を落としたことによって、見えてきた風景があります。
この秋植えた手前の丸い植栽と、
奥のロリポップの植栽。
景色がつながりました。
毎年春の苗が大きくなるまで、
寂しいので、
一次的にビオラなどの冬の花を
植えていました。
今年はこの緑があるので、
冬の花は要らないと
お客様に言われました。
私もこれだけで十分素敵だと
思いました。
春には後ろの苗が立ち上がって
花が咲き、この丸い植栽は
うもれてしまいます。
しかし、この冬のデザインの計算があってこその
通年の風景になると思います。

横浜市青葉区庭 ガーデンデザイン ガーデニング横浜市青葉区庭 ガーデンデザイン ガーデニング横浜市青葉区庭デザイン ガーデンコンサルタント 

前の記事

大木に抱かれた感覚